現金ではなくクレジットカード使うメリット

プラチナカードを持つことでお金では買えないサービスやステータスが得られ、世間においてステータスとなるでしょう

現金ではなくクレジットカード使うメリット

お金で買うプラチナカードという信用

プラチナカードは一般的にゴールドカードの上位のグレードである。それ以下のグレードのカードよりも質の良いサービスが受けられます。
たとえば旅行の損害保険の補償額が高かったり、空港のカード保持者専用のラウンジ利用できたりします。
また珍しいものでは、プラチナカードで買い物をした商品の返品がしたい場合、たとえその商品が返品不可だったとしても、カード会社側が代わりに返品してくれるというサービスもあります。
その他、特別なイベントの招待状が届いたり、場合によってはホテルの部屋や空港の席がアップグレードしたりなど、カード保持者には様々な特典がついてきます。

稀に年会費が無料な場合もありますが、プラチナカードは基本高い年会費がつきものです。

確かに会員専用のサービスは魅力的ですが、高価な年会費を払ってまで、なぜプラチナカードをつくるのかというと、簡単に言ってしまえば、そのカード自体にステータスがあるからです。

もともとそれまで最上位グレードであり、一部の富裕層しか持てなかったゴールドカードが、生活水準の上昇のよるゴールドカード保持者の増加や、ゴールドカードの形を真似た年会費の安いゴールドカードが出回ってしまったため、ゴールドカードを持つことのステータスが消えつつありました。
そのためより高いグレードの需要が生まれ、プラチナカードが作られたのです。

プラチナカードを持つことは、ある意味富裕層の証でもあります。
悪くいえば単なる世間体のためのカードの要素もあるでしょう。
しかしプラチナカードを持つことは、それなりの収入がある証ですし、社会的にそれは信用の証でもあるのです。

お金では買えないと思われる信用ですが、経済的な観点から見れば、お金があるほど信用があると思われるのです。

Copyright (C)2017現金ではなくクレジットカード使うメリット.All rights reserved.